冷蔵庫、小さい子がいる場合の引越し

小さい子がいる場合の引越し

冷蔵庫小さい子引越し

 

小さなお子さんがいると引越しの作業ははかどりません。
ダンボールがあると中に入りますし、一度片付けたものは出してしまいます。
通常の2倍、いた3倍は時間がかかるものだと思って、早めに準備をしたほうがいいです。

 

お子さんが寝ている間はチャンスです。
使わない衣類などはどんどんダンボールに詰めて、荷造りしていきましょう。
食器は新聞紙や緩衝剤で巻くなどの手間がかかりますので、よく使うもの以外の食器はどんどん包んでしまいましょう。
食器の数が少ないのであれば、引越し業者がもっている食器専用のボックスを借りるという手もあります。これはいちいち緩衝剤を巻く必要がないので便利です。

 

お子さんの絵本やおもちゃは早くにしまいすぎると愚図ったりするので気をつけましょう。

 

そして引越し当日はお子さんは誰かに預かってもらったほうが安全です。
引越しの日は多くの大人がバタバタ忙しく動き回りますので、小さい子にまで目がいきません。それにほこりもたつので喘息気味のお子さんは危険です。
実家や友人、一時保育など預け先を探してみてくださいね。

 

もし誰にも見てもらえないのであれば、お父さんとお母さんが協力してみるなどお子さんの安全を最優先にいい方法を探してくださいね。
引越しおかませパックを使うというのもいい方法です。
思い通りに作業が進まなくて大変ですが、頑張ってくださいね。